認証

Salesforce APIの認証を、ブラウザとREST Client(Postman)を使って説明。

Ref. 認証 OAuth 2.0

OAuth 2.0 フロー

1. 接続アプリケーションを作成

場所:設定 > アプリケーション > アプリケーションマネージャー > 新規接続アプリケーション

2. 認証コードを取得

必要情報

リクエスト例(ブラウザでアクセス):

https://login.salesforce.com/services/oauth2/authorize?response_type=code&client_id={{cliend_id}}&redirect_uri=http://localhost:8888

リダイレクト例:

https://locahost:8000?code=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

3. アクセストークンを取得

レスポンス:

{
    "access_token": "0xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "refresh_token": "5xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "signature": "Cxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "scope": "refresh_token visualforce wave_api custom_permissions web openid chatter_api id api eclair_api full",
    ...
}    

postman

[^1]: 鍵などの情報は、アプリケーションマネージャーから参照しないと表示されない。アプリケーション > 接続アプリケーション > 接続アプリケーションの管理では、鍵情報などは表示されない。