#
ドキュメント

Document

自分のための備忘録です。

RDS(Amazon Relational Database Service)

マネージドサービス

登場人物

  • データベース
  • Proxies
    • セキュリティグループ
      とりあえず変更しなくて良い
    • サブネットグループ:データベースを分散するサブネット
      RDSを使用するには2つ以上のアベイラビリティゾーンからなるサブネットグループが必要
    • パラメーターグループ:データベースの設定
    • オプショングループ:RDSの設定

接続確認 Amazon Linux

$ sudo yum -y install mysql
$ mysql -u {{user}} -p {{password}} -h {{host}}

{{host}}はデータベースのエンドポイント。

ローカルMacから踏み台サーバ経由でRDS接続確認

MySQL Workbenchで接続確認

ref. https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/rds-connect-ec2-bastion-host/?utm_source=pocket_mylist

MySQL Workbenchを使用する場合は上記ドキュメントに記載されているとおりに実行すれば良い。

コマンドラインで接続確認

SSHのポートフォワーディングを使ってトンネリングする。

ref. https://public-constructor.com/ssh-tunnel-rds-via-ec2/?utm_source=pocket_mylist

  1. iTermを分割
  2. RDSにSSH接続
  3. MySQLに接続

RDSにSSH接続

踏み台サーバ(bastion)でRDSにSSH接続。

$ ssh -N -L 9005:{{rds end point}}:3306 -i ~/.ssh/path/private/pem ec2-user@xxx.xxx.xxx
// バックグラウンドで実行していないのでRDSに接続した状態のままになる
// Ctrl + Cで切断
  • 9005はローカルポートを指定するが任意でよい
  • N SSH先ではコマンドを実行しないオプション
  • f SSH先でコマンドを実行したあとに, バックグラウンドに移行(指定しなくても良い)

MySQLに接続

↑とは別ペインで以下を実行する。

$ mysql -h 127.0.0.1 -P 9005 -u admin -p

userpasswordはRDSに設定したもの。
※ ホストは127.0.0.1にする。