#
ドキュメント

Document

自分のための備忘録です。

AWS CLI

Ref.

定義済み変数 AWS_PROFILE

使用する認証情報およびオプションと共に AWS CLI プロファイルの名前を指定します。これは、credentials ファイルまたは config ファイルに保存されているプロファイルの名前、または、デフォルトプロファイルを使用する場合は値 default となります。

この環境変数を指定した場合、設定ファイルの [default] という名前のプロファイルを使用する動作は上書きされます。この環境変数は、--profile コマンドラインパラメータを使用して上書きできます。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/cli-configure-envvars.html

ユースケース

copilot app initなどは--profileオプションがない。 しかしAWS_PROFILEを使えばプロファイルを指定できる。

env AWS_PROFILE foo copilot app linit

プロファイルfooが使用される。

設定確認

$ aws configure list

ファイル

  • 設定ディレクトリ: ~/.aws
  • 設定ファイル`
    • ~/.aws/config
    • ~/.aws/credentials

config

[default]
region = ap-northeast-1
output = json

credentials

[default]
aws_access_key_id = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
aws_secret_access_key = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

stack情報取得

$ cloudformation describe-stacks \
  --stack-name {{stack-name}}
``

## AWS Copilotを補完

Zshを前提に話を進める。

シェルで以下を実行。補完定義ファイルを作成

```sh
$ source <(copilot completion zsh)
$ copilot completion zsh > "${fpath[1]}/_copilot" # to autoload on startup

.zshrcに補完スクリプトのパスを設定

fpath=(~/.zgen/zsh-users/zsh-completions-master $fpath)

覚えておきたいコマンド

$ aws configure list-profiles

Session Manager プラグイン

(オプション) AWS CLI 用の Session Manager プラグインをインストールする